クーリングユニット清掃 Type44 - No.33
Type44 - No.32 Type44 - No.34

ヒーター修理の第3弾です。
ヒーター修理をしている時、見てしまいました。見なくていいものを・・・

それで、ヒーター修理からちょっと寄り道というわけです。
何を見たか・・というお話は後ほどにして、前回の修理の続編です。

まずはヒーターユニットを外して、ぽっかりとあいた穴です。穴から、室内が見えます。

別のアングルからです。手前の大きな箱がクーリングユニットです。内部にはエアコンONで冷えるエバポレーターがあります。クーリングユニットまでの太い配管はエアコンの配管です。

そのクーリングユニットには空気取り入れ口があります。室内側と室外側があり、うまい具合に連動して動くように作られています。つまり、室内側扉と室外側扉がつながっており、片方が開けば片方が閉じるようにできています。

写真は室内側扉です。助手席グローブボックス奥の場所になります。

内気循環のボタンを押すと、この扉が開きます(同時に外気扉が閉まります)

この扉は防音材が貼りつけてあるので、引っぱって剥がします。すると、固定ネジが現れます。

さあ、いよいよ「ご開帳」です。冒頭の「見なくていいもの」とは、これです。

いや~、実に見事にホコリが蓄積しています。これで、風が通っていたのがウソのようです。
ヒーター修理より、深刻です(笑)

ということで、水をかけて歯ブラシでこすります。アルミ製の柔らかいフィンなので、曲がらないように丁寧にこすって、ホコリを落としていきます。

ところが、掃除しているうちに、新たなトラブル発生です。なんと、水が排出されずに貯まっていきます。ここはエバポレーターなので、エアコンが作動すると結露して水が大量に発生する部分です。夏の暑い日には、どの車も水を滴らせています。その、エアコン排水のためのドレンホースがつまっているようです。

クーリングユニットの下を指でまさぐると、ドレンホースがありました。ひっぱって引っこ抜き、とりあえず横の大きな穴から排水できるようにします。

助手席床は水びたしとなりました。後ほど雑巾でよく拭き取ることにします。

排水がうまくいくようになってから、再びクーリングユニット内のエバポレーター清掃です。エアコン時のイヤな臭いはこの部分の汚れが原因です。カビと雑菌が繁殖しています。このように掃除できるのはありがたいといえば、ありがたいことです。(ほとんどの車は、アクセス不能でまず無理)家庭用のエアコン洗浄液を吹き付けているところです。

ついでにスチームクリーナーです。通販ヒット商品も、こんな所で役立っています。

結局フィンにアルミの金属光沢はよみがえりませんでした。黒いままなので、カビががんこに固着していたのかもしれません。カビキラーの方が良かったのでしょうか?本当はエバポレーターを取り外して徹底的に清掃したいところですが、車載状態ではこの辺が限度です。ここまでアクセスできたので、良しとしましょう

さて、いよいよヒーターユニットの取り付けです。前回でプロのアドバイスがありました。「水ぬきの穴がつまっていると、水が貯まって、取り付けのすき間から室内に水が入ってくる」とのことでしたので、排水の確認をして、ヒーターユニットの周辺をよく水洗いします。

写真はウォーターバルブです。温水を循環させる必要がない場合(夏季、冷房時)はこのバルブが温水通路を遮断し、エンジンの冷却水はヒーターコアには循環しません。バキューム(エンジンに発生する負圧)で作動させるようです。

元の通り納まったヒーターコアです。温水(冷却水)のホース、バキュームコネクター、ファンの配線を接続し、確認します。

クーラント(冷却水)は安いもので充分。

ヒーターコアの脱着で、ワイパーユニットを固定するプラスチック部品を破損しました。予備を準備しておく方が良いですね。とりあえず部品取り号からです。

Type44 - No.32 Type44 - No.34
blog TopPage